顔の乾燥【改善方法はどうすればいい?】

顔は服などでおおわれていない無防備な部分です。つまり常に外気にさらされていて、乾燥が起こりやすいとも言えます。そのためみずみずしく、うるおいのある素肌をキープするためにスキンケアは重要なことなのです。また顔の乾燥は老化のスピードを加速させる危険なものです。

 

でもスキンケアを頑張っていても、顔が乾燥してしまう悩みを抱えている方は少なくありません。特に肌のうるおいが低下する40代に差し掛かると、乾燥が常に肌の悩みになっていくことが多いのです。これはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの肌の内部にある組織が減っていき、さらに皮脂も出にくくなっていくからです。

 

そこで顔の乾燥を改善させるためにはどの方法が効果的なのか、といいますと、日本人の薄い表皮と厚い真皮という仕組みから考えて、スキンケア見直すことが必要になります。湿度の高い日本の風土で育まれた肌ですから、乾燥に弱いですし、うるおいを重ねていくスキンケアで保湿を行うことがおすすめです。

 

つまり日本人に合う保湿方法はやはり化粧水、美容液、乳液かクリームとうるおいを与える化粧品でカバーさせていくスキンケアになります。表皮が厚く、真皮が薄い欧米人が洗顔やクレンジング後にクリームだけでスキンケアが終わらせられるのとは違っているのです。乾燥している欧米の風土だからこそ、このスキンケアで十分なのです。

 

ですからスキンケアに関しては日本人だと手間がかかるといってもいいでしょう。乾燥した顔を改善させるには手間を惜しんではいけません。化粧水は次のステップの馴染みをよくさせるものですし、美容液は保湿成分を一気に与えるステップで、乳液やクリームは与えたうるおいを守りつつ、さらに保湿するというわけです。

 

美容成分で顔の乾燥を改善させるとなれば、水分を挟み込んで角質層に行き渡る性質を持っているセラミドがおすすめです。セラミドを配合している美容液や乳液、クリームで乾燥した肌をいたわってあげましょう。

↓↓ トライアルセットも30日間返金保障が付いているので安心ですよ♪ ↓↓